FOLLOW US

C・ロナ、不仲説報じられる監督を批判「どんな試合にも勝てない」

レアル・マドリードでプレーするC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、同クラブを率いるラファエル・ベニテス監督を批判したようだ。15日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によるとC・ロナウドは、リーガ・エスパニョーラ第11節のセビージャ戦前にレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長に対し、「ベニテスが監督ではタイトルは獲れない。どんな試合も勝てない」と訴え、同監督を痛烈に批判したという。

 一方で、ペレス会長はC・ロナウドがチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のパリ・サンジェルマン戦で、相手チームを率いるローラン・ブラン監督と会話したことや、移籍をほのめかす発言をしたことをよく思っていないようだ。「誰かと契約解除するなら、まずC・ロナウドを手放そう」とクラブ幹部の一人に話したと伝えられている。

 今シーズン、同会長や指揮官との不仲説も報じられるC・ロナウドにはプレミアリーグ復帰やMLS(メジャーリーグ・サッカー)への移籍など様々な噂が飛び交っており、今後レアル・マドリードを退団する可能性も考えられる。

 現在55歳のベニテス監督は、レアル・マドリードの下部組織で指揮官としてのキャリアを始め、これまでバレンシアリヴァプールなどを率いた経験を持つ。2013年からはナポリで指揮を執っており、今年6月レアル・マドリードの監督に就任した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO