2015.11.09

元仏代表MFジダン氏、恐喝容疑のベンゼマを信頼も「注意が必要」

ジダン
レアル・マドリード・カスティージャの監督を務めるジダン氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在、レアル・マドリード・カスティージャの監督を務める元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が、恐喝容疑の渦中にあるレアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマに注意を促し、アドバイスを送った。8日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 リヨンに所属するMFマテュー・ヴァルブエナを“セックステープ”をもとに恐喝した疑いがかけられているベンゼマ。恐喝への関与を一部認めているが、自身の発言に犯罪性はなかったと主張している。

 ジダン氏は、同紙のインタビューで「彼(ベンゼマ)と話したし、私は彼を信じている。しかし、こういったことには注意を払う必要がある。彼だけでなく、皆気をつけなければならない」と忠告し、同胞のストライカーに釘を刺した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る