FOLLOW US

エスパニョールを中国企業が買収へ…取引額は総額200億円超えか

スペイン1部のリーガ・エスパニョーラに所属するエスパニョール [写真]=Getty Images

 中国企業のラスター・グループが4500万ユーロ(約59億8000万円)を投じてリーガ・エスパニョーラの株式を過半数購入し、筆頭株主になることで合意に達したという。3日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 電子玩具やビデオゲームなどを扱うメーカーで、約1万人の従業員を抱えるラスター・グループ。エスパニョールの元会長であるダニエル・サンチェス氏とラモン・コンダル氏とは株式の45.1~56パーセントを買収することで合意している。

 同紙によると、今回の取引は1株78ユーロ(約1万円)で、総額1億4300万~1億7800万ユーロ(約190億~236億6000万円)という巨額の取引になるとされている。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO