2015.10.31

メッシ不在もゴールを量産する“SN”コンビ…バルサは3連勝目指す

ネイマール スアレス
バルセロナのネイマール(左)とスアレス(右) [写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 バルセロナは前節、ホームでエイバルに逆転勝ち(3-1)し、通算7勝2敗として3位から2位に浮上した。一方、年末に行われるFIFAクラブ・ワールドカップに出場するため前倒しで行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の今シーズン初戦となる4回戦ファーストレグでは、セグンダB(3部)所属のビジャノベンセとドロー(0-0)に終わり、出場時間がかさんでいる主力を完全に温存したことで選手層の薄さが改めて浮き彫りとなった。

 首位レアル・マドリードとは同ポイントと、2強体制に持ち込みつつある今節は、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが出場停止となるものの、故障から回復したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが戻り、手持ちの戦力でのフルメンバーが組まれる見込みとなっている。

 対するヘタフェは前節、アウェーでセビージャに完封負け(0-5)し、通算3勝1分5敗となり11位から13位に後退した。ホームに戻って立て直しを図る今節は、出場停止のDFカルロス・ビガライの代わりをDFダミアン・スアレスが務める以外は、基本的に前節に近いメンバーになると予想されている。

 大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの故障により、看板スリートップの“MSNトリオ”が組めない戦いが続くバルセロナだが、前々節はブラジル代表FWネイマールが4ゴール、前節はウルグアイ代表FWルイス・スアレスがハットトリックと、残された2選手が抜群の決定力を発揮している。一方、アウェーでは未勝利と脆弱なヘタフェだが、ホームでは目下3戦連続完封勝利中と盤石の強さを見せている。それゆえ、変わり身が予想されるヘタフェを、“SNコンビ”頼みのバルセロナがどのように攻略するかが、試合最大の争点となりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
チェルシー
21pt
トッテナム
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
16pt
ライプツィヒ
15pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る