FOLLOW US

バルサDFドウグラス、今季初先発の一戦で負傷し約8週間の戦線離脱

ビジャノベンセ戦に出場したバルサDFドウグラス

 バルセロナは現地29日、ブラジル人DFドウグラス・ペレイラが右足の負傷により8週間程度に渡り戦列を離れることを発表した。

 ドウグラスは、前日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグのビジャノベンセ戦にフル出場した。しかし、試合中に受けたタックルによる痛みが引かなかったため、一夜明けた同日に精密検査を行ったところ、くるぶしの下部にある舟状骨を亀裂骨折していることが判明した。

 移籍初年度の昨シーズンは殆ど存在感を見せられなかったドウグラスは、2年目を迎えた今シーズンも開幕直前に右足のハムストリングを負傷。復帰後も控え扱いの立場を払拭できず、17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節のラージョ・バジェカーノ戦で今シーズン初出場、ビジャノベンセ戦で今シーズン初先発を果たしたばかりだったが、その矢先の故障により年内絶望となってしまった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA