2015.10.30

ネイマール本人も裁判所出廷か…サントスとバルサの移籍金詐欺問題

ネイマール
バルセロナに所属するネイマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、同クラブへ加入した際の移籍金問題の一件で、裁判所への出廷を命じられることになりそうだ。28日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。

 2013年にサントスからバルセロナに移籍したネイマールだが、その際に両クラブが実際の移籍金よりも低い金額を申告したことで、同選手の経済的権利を所有していたブラジルの投資ファンド『DIS』が詐欺行為との訴えを起こしていた。

 27日には、裁判の中でネイマールの母親であるナディネ・ゴンサウベス・ダ・シルバ・サントス氏が告訴されたと報じられていたが、同紙によるとネイマール本人も高等裁判所へ出廷し証言することは避けられないと見られている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る