FOLLOW US

デビュー1周年試合でハットのスアレス「自分にとって特別なこと」

エイバル戦でゴールを喜ぶスアレス [写真]=Getty Images

 25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節でMF乾貴士が所属するエイバルをホームに迎えたバルセロナは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの3ゴールにより3-1で勝利を収めた。

 この試合、開始10分でエイバルに先制される厳しい展開を強いられながらも、自力の差を見せ付ける形で逆転勝ちに成功したバルセロナ。ハットトリックを決めて勝利の立役者となったスアレスは、ホームでの3ポイント獲得に胸をなでおろしながらも、今後の戦いに気を引き締めた。

「難しい試合を制することができた。なかなかチャンスが作れなかったけれど、自分達が昨シーズン王者に輝いた理由を証明することができた。今後も大変なシーズンが待ち受けているので、厳しい姿勢で戦って行かなければならない」

 スアレスは一方、開幕から8試合無失点だった昨シーズンから一転して、ここまで9試合で12失点を喫していることへの注意喚起を行った。

「今日は序盤でリードを許し、自ら試合を困難なものにしてしまった。この点については気を付けていくべきだろう。僕達は昨シーズン、わずかなゴールしか奪われず、リーガの最小失点チームとなった。だが今シーズンは、相手に攻め込まれる度にゴールを奪われてしまっている。こういった事には流れがあるものの、きっちりと修正していかなければならない」

 リヴァプールからバルセロナに移籍した昨シーズン当初は、FIFA(国際サッカー連盟)から受けた出場停止処分が残っていたため、昨年10月25日に行われた第9節のレアル・マドリードとの“クラシコ”が公式戦初出場となったスアレス。デビューからちょうど1周年という節目の一戦でハットトリックを達成したことを素直に喜んだ。

「このような形で勝利を祝えるのは、自分にとって特別なことだ。なぜなら、デビューからちょうど1年の試合でハットトリックを達成し、チームに白星をもたらすことができたのだからね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO