FOLLOW US

バルサに不幸中の幸い、セルジ・ロベルトは軽傷で全治10日程度か

バルセロナに所属するセルジ・ロベルト(写真は3日のセビージャ戦) [写真]=Getty Images

 バルセロナは21日、スペイン人MFセルジ・ロベルトが負傷により7日から10日に渡り戦列を離れることを発表した。

 セルジ・ロベルトは、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節のBATEボリソフ戦でそけい部を痛めてわずか18分で負傷退場し、同日行われた精密検査により左足内転筋の腱に異常が見つかった。

 選手層の薄いバルセロナにあって、中盤の全ポジションに加えて右サイドバックも高いレベルでこなせるようになったセルジ・ロベルトの離脱は痛い。とりわけ、ブラジル代表MFラフィーニャおよびスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが戦線離脱中の中盤は、普段はセンターバックでプレーするアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノを起用しなければ3枚が揃わないという危機的状況となった。

 それでも、セルジ・ロベルトが軽傷で済んだのは不幸中の幸いと言えるだろう。イニエスタも順調に回復すれば近々復帰できると見られており、深刻な台所事情で戦わなければならないのは短期間で済みそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA