2015.10.17

FIFAウィルスに苦しむレアルが難敵レバンテを迎え撃つ

ロナウド
レバンテ戦に向けて調整するC・ロナウド(右)[写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 レアル・マドリードは前節、アトレティコ・マドリードとのアウェーでのダービーが痛み分け(1‐1)に終わり、2節連続のドローとなった。それでも、通算成績を4勝3分として無敗を守ったチームは、首位ビジャレアルまで1ポイント差、3位セルタおよび4位バルセロナと同ポイントの2位へと1つ順位を上げた。

 だが、代表ウイークのFIFAウィルスに苦しむチームは、FWカリム・ベンゼマおよびMFルカ・モドリッチが相次ぎ負傷し、今節はこれに故障中のMFハメス・ロドリゲスおよびDFダニエル・カルバハルを加えた4選手の欠場が確定している。

 対するレバンテは前節、ホームに首位ビジャレアルを迎えた自治州ダービーで今シーズン初勝利(1‐0)を挙げ、通算1勝3分3敗として19位から18位へと順位を上げた。

 殆どの選手が代表帰りのレアルとは対照的に、MFジェフェルソン・レルマおよびDFフェダルを除く全選手が代表ウイークを使って調整できたチームは、基本的に前節に近い布陣になると予想されている。

 故障者が多いものの実力で大きく上回り、ホームで圧倒的優位に立つレアル。しかし、大黒柱のFWクリスティアーノ・ロナウドを筆頭とするチームメイトの持ち味を引き出せるうえ、今シーズンはここまで6ゴールとリーグ得点王に立っているベンゼマの不在は痛い。それゆえ、ラファ・ベニテス監督がどのように攻撃陣を再構築するかに注目が集まる。一方、劣勢が必死のレバンテは、負傷したDFイバン・ロペスの代わりにはMFホセ・ルイス・モラーレスが入ると見込まれており、守備力は落ちるものの攻撃力は上がる右サイドのパフォーマンスが気になるところだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング