2015.10.16

ネイマールの6カ月出場停止を要求か…古巣がFIFAに契約違反を主張

ネイマール
2013年にサントスからバルセロナへ移籍したネイマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブラジル1部リーグのサントスがFIFA(国際サッカー連盟)に対して、バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールに6カ月の出場停止処分を科すように訴えたことが判明した。15日付のアメリカメディア『ESPN』など各メディアが報じている。

 現在23歳のネイマールはサントスの下部組織出身で、2003年から2013年5月まで約10年間を同クラブで過ごした。同年5月24日にバルセロナへ移ることになったが、ブラジルメディア『O Globo』によると、サントスはバルセロナが移籍のルールを守らなかったとして、6カ月の出場停止処分と5500万ドル(約65億4000万円)の損害賠償を求めているという。

 サントスのモデスト・ローマ会長は、カタルーニャメディア『Esports Cop』に対し「決められた期間中に契約違反が判明した場合は、どんな選手でも損害賠償を支払うことと出場停止処分を受けなくてはならない。公式戦は4カ月の出場停止、状況が変わらなければ6カ月の出場停止処分がくだされるべきだ」と、ネイマールであってもルール違反があった場合は処分を科せられるべきだと述べた。

 続けて「ネイマールは我々のアイドルだが、彼の移籍について調査を行わなければならない。我々は移籍の条件に合意していなかったからだ」と語り、合意していなかったにも関わらずバルセロナへの移籍が行われたと主張した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る