FOLLOW US

バルサ3年目のネイマール「プレースタイルも人生の送り方も変えた」

バルセロナに所属するFWネイマール [写真]=Getty Images

 3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のセビージャ戦で、バルセロナでの公式戦100試合出場を達成したブラジル代表FWネイマールが、11日に行われたクラブの公式サイトとのインタビューで自身の過去、現在、未来について見解を示した。

 今シーズンで入団3年目を迎えたネイマールはまず、バルセロナ加入後の自身の変化や充実振りについて説明した。

「僕はバルセロナに入団し、プレースタイルも人生の送り方も変えた。全てはベストを目指すためだ。とはいえ、チームへの適合は非常に簡単だった。全ての人がサポートしてくれたからね。ピッチ内外において自分がやっている事に満足している。今後さらに多くのタイトルを獲得し、バルセロナの歴史に名を刻み続けていきたい」

 ネイマールはまた、これまでの2シーズンを振り返ると同時に、今後の戦いに向けた意欲を表した。

「1年目は出だしこそ良かったものの、負傷に見舞われたうえ最終節でタイトルを逃すなど、苦しいシーズンだった。一方、2年目は3冠という極めて難しい偉業を獲得することができるなど、素晴らしいシーズンだった。とりわけ、チームが3冠を達成したうえ、自分もゴールを決めたチャンピオンズリーグ決勝は、人生で最も嬉しい瞬間の1つとなった。しかし、ライバルたちを上回り続けるためには、現状に満足することなく今まで以上のものを目指していかなければならない」

 一方、昨シーズンの公式戦で122ゴールを記録したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシおよびウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの“MSN”トリオについて質問されたネイマールは、戦前の評判とは異なり成功すると確信していたことを明らかにした。

「僕ら3人が仲良くやっていることには、全ての人が驚かされたみたいだね。巷では上手く行かないと言われていたけれども、僕はそんな風にはならないと分かっていた。僕らは友情で結ばれており、一緒にプレーすることに幸せを感じている」

 バルセロナはインターナショナルウィーク明けの17日に、リーガ第8節でラージョ・バジェカーノをホームに迎えて対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA