FOLLOW US

古巣のリーガ制覇に太鼓判押すベッカム氏「レアルにしか賭けようがない」

イベント出席のためスペインを訪れたベッカム氏 [写真]=Europa Press via Getty Images

 元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカム氏が現地7日、自身が広告塔を務めるウイスキー・メーカーのイベントのためにスペインを訪れ、集まった報道陣を前に古巣であるレアル・マドリードに対する思い入れを表した。

「僕の心は常にレアル・マドリードと共にある」と話したベッカム氏は、2003-04シーズンからプレーした古巣での4年間を感慨深く振り返った。

レアル・マドリードでは素晴らしい4年間を過ごすことができた。印象に残っているシーンを1つだけ選ぶのは難しいが、初めてロッカールームに入った時、ラウール(ゴンサレス)、(ジネディーヌ)ジダン、ロナウド、(ルイス)フィーゴ、ロベルト・カルロスが勢揃いしているのを見たのは特別な瞬間だった。もちろん、リーガ制覇を決めた時も感動的だったね」

 また、今シーズンのリーガ・エスパニョーラの優勝予想を求められたベッカム氏は、レアル・マドリードの4年振りのタイトル奪還に太鼓判を押した。

「今シーズンのリーガは、レアル・マドリードバルセロナは当然のこと、他にも好チームが加わって興味深い展開になっているね。だが、レアル・マドリードはいつだって優勝候補だ。チームは現在、優れた監督の下で良い戦いを繰り広げている。それゆえ個人的には、今シーズンはレアル・マドリードにしか賭けようがないと思っている」

 ベッカム氏は一方、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリードの歴代最多得点記録で元スペイン代表FWラウールに並んだことについて、新旧エースの凄さを強調する形で偉業を称えた。

「クリスティアーノがキャリアを通じて成し遂げていることは信じられない。レアル・マドリードのファンは彼のプレーで熱狂することができる。僕の友人であるラウールの記録を超えたのはとてつもないことだ。なぜなら、ラウールは僕にとって神様のような存在だからだ」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO