2015.10.06

ラキティッチ、メッシとイニエスタ不在を嘆くも「これもサッカー」

ラキティッチ
セビージャ戦に出場したラキティッチ(左) [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節でバルセロナはセビージャに1-2で敗れ、早くも今シーズン2敗目を喫した。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシおよびスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが相次ぎ負傷離脱して迎えたこの一戦、その影響が早くも出た形となったバルセロナ。だが、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、両選手の不在を嘆く反面、敗戦の言い訳にはしなかった。

「僕らは数多くの決定機を得たものの決めることができず、彼らは少ないチャンスをものにした。このような負け方は堪えるけれども、前を向いて戦っていかなければならない。メッシやイニエスタの不在は本当に痛い。だが、これもフットボールの一部だ。できるだけ早く復帰できるよう祈るしかない。負傷者を抱えているのはどのチームも同じだ」

 ラキティッチは一方、昨シーズン3冠を達成したバルセロナに対する反感があることを認めながらも、それに屈しないとの強い意思を示した。

「全てを勝ち取った僕達へのやっかみは存在する。誰もがチャンピオンの足をすくおうとしてくるのは残念だが、それは僕達の団結力を高めてくれる結果となるはずだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る