FOLLOW US

マドリード・ダービーは勝敗つかず…レアル、終盤の失点で2戦連続のドロー

先制点を決めたレアルFWベンゼマ(中央) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第7節が4日に行われ、アトレティコ・マドリードレアル・マドリードが対戦した。

 アトレティコが、ホームのビセンテ・カルデロンにレアルを迎えて、今シーズン最初の“マドリード・ダービー”となった。昨シーズンの公式戦で8試合行われた同ダービーは、アトレティコが4勝3分け1敗の圧倒。レアルは今節、昨シーズンの雪辱を晴らしたいところ。

 アトレティコはFWアントワーヌ・グリエスマンやFWフェルナンド・トーレスらが先発出場。MFコケは負傷の影響で欠場となった。一方のレアルは、5ゴールで得点ランキング首位タイのFWカリム・ベンゼマとFWクリスティアーノ・ロナウドがスタメン入り。また、負傷が心配されたDFセルヒオ・ラモスが先発出場するも、MFギャレス・ベイルはベンチスタートとなった。

 試合が動いたのは9分、レアル・マドリードが先制する。右サイドを突破したダニエル・カルバハルがクロスを供給。ペナルティエリア内中央でベンゼマが頭で叩き込み、ゴール左隅に決めた。だが21分、レアルはS・ラモスが自陣エリア内でティアゴ・メンデスを倒し、アトレティコにPKを献上。22分、キッカーのグリエスマンは右隅に蹴り込むが、読んでいたGKケイロル・ナバスの好セーブに阻まれた。

 レアルは38分、エリア前右でFKを獲得すると、C・ロナウドが右足を振り抜くが、シュートは落ち切らず、クロスバー上に外れた。40分、レアルにアクシデント発生。先制点をアシストしたカルバハルが負傷し、そのまま42分にアルバロ・アルベロアと交代になった。前半はレアルの1点リードで折り返す。

 反撃を狙うアトレティコは、オリベル・トーレスを下げてヤニック・フェレイラ・カラスコを投入して後半を迎える。58分にはアンヘル・コレアに変えてルシアーノ・ビエットをピッチに送り出す。さらに64分にはF・トーレスを下げてジャクソン・マルティネスを投入し、はやくも交代枠を使い切った。

 一方のレアルも66分、イスコを下げてベイルをピッチに送り出した。75分には、右サイドのC・ロナウドが、中央に切り込んで左足を振り抜くが、シュートは枠の右に外れた。77分、先制点を挙げたベンゼマを下げて、マテオ・コヴァチッチをピッチに送り出す。

 アトレティコは80分、左サイドからのクロスに、ファーサイドでフリーのビエットが頭で合わせるが、枠を捉えられない。すると83分、攻勢に出ていたアトレティコの反撃が実る。左サイドを突破したJ・マルティネスが折り返しを供給。ニアサイドに飛び出したグリエスマンが合わせるが、しっかりミートせず。だが、こぼれ球にいち早く反応したビエットが押し込んで、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。今シーズン最初の“マドリード・ダービー”は1-1の引き分けで終わった。レアルはリーグ戦2試合連続のドロー。アトレティコも2試合白星から遠ざかる結果となった。

 アトレティコ・マドリードは次節、インターナショナルマッチウィーク明けの18日にアウェーでレアル・ソシエダ対戦。レアル・マドリードは17日に、レバンテをホームに迎える。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-1 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 9分 カリム・ベンゼマレアル・マドリード
1-1 83分 ルシアーノ・ビエットアトレティコ・マドリード

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA