FOLLOW US

運に見放されたバルサ、負傷者続出に加えシュートもポストに嫌われる

セビージャ戦に出場したスアレス(左)とネイマール(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナは、3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節でセビージャと対戦し、1-2で敗れた。このゲームでは運にも見放されていた。選手たちが放ったシュートはバーやポストに嫌われたからだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 今シーズン、バルセロナの不運は終わる気配がないようだ。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、ブラジル人MFラフィーニャ、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレン、元ブラジル代表DFアドリアーノ・コレイアと負傷者リストは日に日に長くなっている。

 だが、不運はそれだけで終わらない。

 試合ではシュートがバーやポストに次々に嫌われている。セビージャ戦では、ブラジル代表FWネイマールの直接フリーキック、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、U-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレスのシュートが直撃。バルセロナは、UEFAスーパーカップ、スペイン・スーペル・コパ、そしてリーガとチャンピオンズリーグを合せて、今シーズン12試合で12本のシュートがバーとポストに当たっている。

 負傷も多く、決定機がポストやバーに嫌われるバルセロナ。この悪運は一体いつまで続くのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO