FOLLOW US

C・ロナウドがキャリア通算500ゴール達成…4戦ぶりの得点で大台到達

CLマルメ戦で2ゴールを挙げたC・ロナウド(左) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、9月30日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のマルメ戦で得点を挙げ、プロキャリア通算500ゴールを達成した。

 C・ロナウドは28分、イスコからのスルーパスを受けると、ペナルティエリア内右からフリーで右足シュートを放ち、ゴール左隅に沈めた。

 これにより、マンチェスター・Uレアル・マドリードを合わせたクラブ通算ゴール数を445に伸ばし、ポルトガル代表での通算55ゴールを合わせ、プロキャリア通算500得点に到達した。なお、400ゴールを達成したのは2014年1月6日に行われたリーガ・エスパニョーラのセルタ戦で、約1年9カ月で100ゴールを決めたことになる。

 C・ロナウドは12日に行われたリーグ第3節のエスパニョール戦で圧巻の5ゴールを決めると、15日に行われたCLグループステージ第1節のシャフタール戦で3ゴールをマークし、500得点に王手をかけていた。だが、その後のリーグ戦3試合で足踏み。公式戦4試合ぶりの得点で大台達成となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO