2015.09.29

バルサ選手に相次ぐ脱税疑惑…メッシ、ネイマールに続きマスチェラーノも

左からネイマール、メッシ、マスチェラーノ [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナ所属のアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが28日、スペイン税務当局から2件の脱税容疑で告発された。大手メディア『スカイスポーツ』が同日に報じている。

 検察庁の発表によると、マスチェラーノはアメリカとポルトガルに設立した企業を利用し自身の肖像権に関わる収入を申告していなかった模様。2011年に約58万7822ユーロ(約7900万円)、2012年に約96万8907ユーロ(約1億3000万円)の合計155万6729ユーロ(約2億1000万円)もの脱税があったという。

 この事件に関して、マスチェラーノは声明を発表していないが、今月、20万ユーロ(約2690万円)の追徴課税とともに全額支払いを済ませている。今後、裁判になるかどうかは現時点で不明。

 バルセロナで脱税容疑で告発されているのはマスチェラーノだけではない。スペイン税務当局は同代表FWリオネル・メッシも肖像権に関わる脱税容疑で告発。メッシとその父親は、2006年から2009年の間に400万ユーロ(約5億3000万円)を超す脱税を行なったと告発されているが、容疑を否認している。

 なお、ブラジル代表FWネイマールも25日に脱税疑惑が報じられている。同日付のイギリス紙『ガーディアン』によると、ネイマールはサントスに所属していた2011年から2013年の間に海外からの収入を過少申告し、6300万レアル(約19億1000万円)を脱税した疑いがかけらている。これより、サンパウロの裁判所が1億8880万レアル(約57億4000万円)の財産凍結を命じたと伝えられていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る