2015.09.29

負傷で約2カ月離脱のメッシ「ピッチに立てないのは最も辛いこと」

メッシ
ラス・パルマス戦で負傷したバルセロナFWメッシ(左) [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 負傷離脱したバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが28日、自身の公式フェイスブックを更新し、ファンに感謝のメッセージを送った。

 メッシは、26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節のラス・パルマス戦で、左ひざの内側側副じん帯を損傷。クラブは6〜8週間の離脱を強いられると発表していた。

 チーム内外やファンから激励の言葉を受けた同選手は、「みんな、応援のメッセージをありがとう。サッカーを愛する人にとって、ピッチに立てないのは最もつらいことだよ。今は復帰に向けてしっかり回復するときだ。大きなハグを」と綴っている。

 なお、スペイン紙『マルカ』は、メッシが11月21日に行われるリーガ・エスパニョーラ第12節、レアル・マドリードとの“クラシコ”で復帰すると見込んでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る