2015.09.28

バルサ、リーガ脱退なら待つのは暗い未来…カタルーニャ独立で直面する難題

本拠地カンプ・ノウで振られるカタルーニャ州旗 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 リーガ・エスパニョーラから、レアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦“クラシコ”がなくなる――。それまで、少なくとも海外のリーガファンの間では、半ば冗談として捉えられてきたことが、いよいよ現実のものになろうとしている。

 27日、スペイン北東部カタルーニャ州議会の総選挙が行われ、分離・独立派が過半数の議席を獲得した。この結果、独立派連合は今後1年半以内に、スペインからの独立の手続きを民主的に行っていくという。

 仮に独立が実現した場合、カタルーニャ州に本拠地を置くバルサとエスパニョールは、スペイン側から見て“外国のクラブ”となり、現在所属するスペインサッカー連盟(RFEF)からは除名。リーガからも脱退することになる。スペインのスポーツ法では、スペイン国内の連盟に属さないチームが、国内のリーグ、つまりリーガでプレーすることは認められていないからだ(※編集部注:アンドラのチームだけは、特例によりスペイン国内のリーグでプレー可能)。そうなれば、数々の激闘を繰り広げてきた“クラシコ”は、1つのピリオドを打つことになる。

 もっとも、そうした未来が、当事者であるクラブ関係者、選手、地元のファンたちにとって幸せなサッカーライフを保証するものになるかと言えば、一概に「Si(*スペイン語で「Yes」の意)」とは言えないだろう。

 バルサとエスパニョールが独立後に公式戦を戦うには、他国のリーグに参入するか、カタルーニャサッカー協会が欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(FIFA)に独自に加盟し、オリジナルのプロリーグを創設する以外に方法がない。特に後者の道を選んだ場合、バルサはこれまでよりもレベルの低い相手と戦うことになり、“2強”はおろか、“1強”体制が長く続くことになる。当然、リーグとしての魅力、競争力はなくなり、チーム力が低下する恐れや、現在在籍するスター選手が次々に退団する可能性が出てくる。

 なお、その場合、“クラシコ”が再び実現するのは、新たなリーグで欧州カップ戦出場権を獲得して、ヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグで対戦する。あるいは、親善試合で戦う。その二択しか残されていない。ただ、これにしても、そもそも新たなリーグに欧州カップ戦出場権は分配されるのか、という問題が残っている。

 このように、政治的な問題はともかく、サッカー的な観点から見て、カタルーニャ独立にともなうメリットはほぼ無いに等しい。実際、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、今回の選挙を前に「バルセロナはニュートラルな立場にある」と主張。クラブが独立運動とは距離を置いていることを強調し、慎重な姿勢を崩していない。それも、独立によるデメリットを理解しているからと想像できる。

 一方、今回の選挙結果は、代表レベルにも波及する。いざ独立が実現すれば、カタルーニャサッカー協会が「一国の協会」としてUEFAやFIFAへの加入を目指し、独自の代表チームを持つことになるのは必至。そうなった場合、来年のユーロ2016で大会3連覇を目指すスペイン代表に、カタルーニャ州出身のジェラール・ピケやセルヒオ・ブスケツらを選出できなくなるという最悪の事態も想定される。

 もちろん、「Catalonia is not Spain(カタルーニャはスペインではない)」が合言葉だった独立支持派は、これまで非公式に活動してきたカタルーニャ代表が、真の代表チームとして国際大会に参加することを切望してきた。同代表入りの資格を持つのは、前述の“バルサ組”の他にも、セスク・ファブレガス(チェルシー)やボージャン・クルキッチ(ストーク)ら“海外組”のスター選手も含まれ、チームとしての実力は欧州中堅国以上とも評される。そして、もし仮に「スペイン代表 vs カタルーニャ代表」が実現すれば、“クラシコ”以上の盛り上がり、注目を集めるのは間違いなく、好勝負を演じる可能性もある。

 ただし、それはあくまで「ローカル・ダービー」の域を出ない。歴史を紐解けば、旧ユーゴスラビアのように、独立以降、世界のサッカーシーンから取り残された例もある。時代背景も、独立に至る過程も異なるとはいえ、あれほど栄華を誇ったスペイン代表が、数カ月後には“幻の代表チーム”となったとしても不思議ではない。

「バルサよりも独立の方が重要だ」

 今回の選挙前、地元民の間ではこうした声が多勢を占めたという。そして、ジョゼップ・グアルディオラも、ピケも、独立に賛成の意を表明した。もちろん、サッカーはあくまで人生の一部であり、それ以上でも以下でもない。また、他者がそれぞれの民族感情を理解することも不可能だ。ただし、リーガの風物詩でもある“クラシコ”がなくなるという、その事実を目の当たりにすれば、いずれのサッカーファンも寂しさを禁じ得ないはずだ。

 リーガを運営するスペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は、カタルーニャ州が独立した場合、バルセロナとエスパニョールがリーガで引き続きプレーするためにはスポーツ法の修正が必要だと先に認めている。果たして、法改正は実現するのか。あるいは、何らかの特例によって、“リーガ残留”を認めることになるのか。タイムリミットまで、時間はそう残されておらず、バルサやエスパニョール自身の身の振り方を含めて、今後の展開が引き続き注目される。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る