2015.09.23

公式戦5試合連続で無失点のレアル、リーガで苦しむビルバオと名門対決

カリム・ベンゼマ
前節はベンゼマの得点を守り切り勝利を収めたレアル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードはホームにグラナダを迎えた前節、圧勝も予想される中で辛勝(1-0)止まりとなったものの、通算3勝1分として2位をキープ(第4節終了時点)。それまでの3試合で15ゴールを記録してきた攻撃陣が精彩を欠く反面、開幕から公式戦5試合連続クリーンシートを達成した守備陣の踏ん張りが目立った。迎えた今節は、復帰が見込まれていたDFセルヒオ・ラモスの回復が遅れており、前節同様のメンバーになる可能性も十分に考えられる。グラナダ戦ではMFギャレス・ベイルおよびMFハメス・ロドリゲスの不在によるプレーの引き出しの少なさが目立っただけに、中3日でどれだけ改善できるかに注目が集まる。

 一方のアスレティック・ビルバオは、アウェーでのビジャレアルとの強豪対決となった前節、大幅にローテーションを採用した影響が響き惨敗(1-3)した。予選3回戦およびプレーオフを勝ち進み、グループステージも白星発進したヨーロッパリーグとは対照的にリーガでは苦しんでいるチームだが、ホームに戻っての今節は主力がこぞってスタメンに戻る見込みとなっており、立て直しが期待できそうだ。

 スペイン屈指の名門対決となる両チームの顔合わせだが、昨シーズン第26節のサン・マメス・バリアでの対戦ではアスレティック・ビルバオが1-0で勝利を収め、敗れて首位の座から陥落したレアル・マドリードはそのまま優勝を逃した経緯がある。それだけに、リベンジを目指すレアル・マドリードに前回の再現を目論むアスレティック・ビルバオと、今回も意地と誇りを賭けた白熱の戦いが見られそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る