FOLLOW US

レアルのペレス会長、退団したカシージャスを称賛「史上最高のGK」

レアル・マドリードの会長を務めるペレス氏 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 19日、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長がクラブの定例総会に出席した。同日付のスペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 今夏マンチェスター・Uからスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの獲得を目指したレアルだが、登録期限内に手続きを終了させることができず、移籍不成立に終わっていた。これにより、同クラブは1000万ユーロ(約13億円)の損失を出したと報じられているが、ペレス会長は「報道を毎日のように目にするが、あれは嘘だ」と、一蹴した。

 また、スペイン代表GKイケル・カシージャスがポルトへ移籍したことに関しては、「退団は、イケルがオファーを受けて個人的に決断したことだ」と明かし、「クラブに退団希望を伝えたから、我々はただ受け入れた。彼には十分にその資格があったからね。彼はレアルとスペインサッカー界の史上最高のキーパーだ。」と、同選手への感謝を口にしている。

 23日に行われるリーガ・エスパニョーラ第5節で、レアル・マドリードはビルバオと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA