FOLLOW US

開幕3連勝のバルセロナ、未勝利のレバンテを迎えて首位固めを狙う

前節アトレティコに逆転勝利したバルセロナが開幕4連勝を狙う [写真]=Getty Images

 20日に行われるリーガ・エスパニョーラ第4節でバルセロナとレバンテが対戦する。

 前節はアウェーでアトレティコ・マドリードに逆転勝ち(2-1)し、開幕3連勝を達成して単独首位に踊り出たバルセロナ。だがチャンピオンズリーグ(CL)初戦はアウェーでローマとドロー(1-1)に終わり、最低限の結果を残すにとどまった。

 首位固めを狙う今節だが、DFジェラール・ピケが引き続き出場停止となるうえ、離脱中のGKクラウディオ・ブラボとDFダニエウ・アウヴェスに、アトレティコ・マドリード戦で負傷したDFトーマス・ヴェルマーレンおよびローマ戦で負傷したMFラフィーニャが故障者リストに加わってしまい、ほぼ全てのポジションでぎりぎりのメンバーのやり繰りとなる。

 序盤戦から無理をしていては長丁場のシーズンは乗り切れないだけに、今節を含め今月一杯続くことになる格下が相手の試合では、ルイス・エンリケ監督がどれだけローテーションを採用しながら取りこぼしなく戦えるかが課題となる。ここまでの公式戦4試合では、開幕前の欧州および国内のスーパーカップで不安を露呈した守備面は2失点と立て直しが進んでいる反面、昨シーズン猛威を揮った攻撃面は5得点とまだ本来の力を発揮できていない。それだけに、この試合ではそろそろFWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWルイス・スアレスの揃い踏みに期待したい。

 一方のレバンテは、前節はホームでセビージャとドロー(1-1)に終わり、通算2分1敗の14位に沈んでいる。まだ今シーズン未勝利のチームだが、これまでの3試合は全て接戦となっており、どのような展開になってもそれなりの戦いはできているのは好材料と言えるだろう。

 初勝利が理想的な結果ながらも引き分けが現実的な目標となる今節は、出場停止が続くMFシモン・マテ・ジュニオルを除く全選手が起用できる状態にあり、ここまで3試合ほぼ同じ選手を並べてきたスタメンの変更はほとんど無さそうだ。迫力不足の攻撃陣が主導権を握ることは不可能に近いだけに、古巣バルセロナとの対戦はこれまで全敗ながら、今シーズンここまで好パフォーマンスが目立っているGKルベンを中心とした手堅い守備陣の踏ん張りが、勝ち点獲得のためには必要不可欠となるだろう。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA