2015.09.13

L・エンリケ監督、メッシを先発から外した理由は「コンディション」

リオネル・メッシ
前半はベンチから試合を見守ったメッシ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第3節のアトレティコ・マドリード対バルセロナが12日に行われ、バルセロナが2-1で勝利した。この試合ではバルセロナの絶対的エース、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがベンチスタートだった。

 メッシは昨シーズン、リーガで38試合プレーしたが、1試合だけ先発ではなかった。2015年1月4日にレアル・ソシエダの本拠地アノエタで行われた試合で、2日前にクリスマス休暇からチームに合流したメッシはスタメンを外された。途中出場したが敗れ、試合後のロッカールームでメッシとルイス・エンリケ監督は衝突し、口論になった。メッシが「エンリケか、俺か」とジョゼップ・マリア・バルトメウ会長に迫ったとも言われており、昨シーズン、バルセロナが迎えた最大の危機だった。それ以来、リーガにおいてメッシはずっとスタメンで出場していた。

 試合後の会見で、メッシを先発で起用しなかった理由を語ったL・エンリケ監督のコメントをスペイン紙『アス』が伝えた。

「今日、レオと話をした。とても大事なことであり、何分プレーすることができるか、彼のコンディションが鍵だった。(負傷する)危険にさらしたくはなかった。私たちは後半に彼が必要だった」

 メッシはインターナショナルウィークにより、アルゼンチン代表としてアメリカで親善試合をこなしていた。その移動距離は1万1000キロになる。バルセロナに戻ってきた後は、次男誕生のためにトレーニングを1日休んでいた。そんな彼のコンディションを考慮して、負傷する危険性が高いと判断し、L・エンリケ監督はメッシをベンチスタートにした。

 途中出場したメッシは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのアシストから2-1となる決勝点を奪取。ゴール後はおしゃぶりのパフォーマンスをテレビカメラに向けて行い、生まれたばかりの次男マテオ君に捧げた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング