FOLLOW US

復活C・ロナ、5ゴール1アシストの大暴れ…レアルが2戦連続大勝

今季初ゴールを含む大量5ゴールを奪ったC・ロナウド [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第3節が12日に行われ、エスパニョールとレアル・マドリードが対戦した。

 レアル・マドリードは開幕戦こそ0-0の引き分けに終わったが、第2節のベティス戦は大量5ゴールを挙げて今シーズン初勝利を手にした。注目を集めるのは2試合を終えて未だゴールがないポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。今シーズン初ゴールの期待がかかる。

 試合は開始7分にレアル・マドリードがチャンスを作る。ハーフウェイライン付近のルカ・モドリッチが前線にロングボールを送ると、相手DFの裏に抜けだしたクリスティアーノ・ロナウドがエリア内左に進入して右足シュート。これがゴール右下に決まり、レアル・マドリードが先制に成功した。C・ロナウドにとってはこれが今シーズン初ゴールとなった。

 続く17分、エリア内でギャレス・ベイルが倒され、レアル・マドリードがPKを獲得する。これをC・ロナウドが落ち着いてゴール右下に蹴りこみ、すぐさま追加点を奪った。

 直後の20分、左サイドでボールを持ったベイルがクロスを上げると、エリア内で待っていたC・ロナウドがジャンピングボレーを決め、レアル・マドリードが3点差をつけた。C・ロナウドは1点目から13分間でハットトリックを達成している。

 レアル・マドリードの猛攻は止まらない。28分、ベイルがドリブルで持ち上がり、エリア内左のC・ロナウドへスルーパスを供給。これを受けたC・ロナウドが中央に折り返しのボールを送り、カリム・ベンゼマが走りこんでこれを決めた。

 レアル・マドリードはその後も決定機を迎えたが、ベンゼマのシュートは左ポストを叩いて5点目とはならず。前半はこのまま4-0でレアル・マドリードがリードして終了を迎えた。

 大量リードを奪われたエスパニョールは、後半開始からハビ・ロペスとミカエル・シアニを下げ、ホセ・カニャスとパコ・モンタニェスを投入して流れを変えにかかる。一方のレアル・マドリードは56分にモドリッチを下げ、マテオ・コヴァチッチをピッチに送り込んだ。

 次のゴールを奪ったのはレアル・マドリード。62分、カウンターから一気に相手陣内へ攻め込むと、中盤右でボールを受けたイスコがベイルへスルーパスを送る。オフサイドぎりぎりで抜けだしたベイルがフリーでエリア内右に進入すると、折り返しをC・ロナウドが沈めて5点差をつけた。

 エスパニョールは運にも見放される。64分、右サイドのモンタニェスがゴール前に折り返しのボールを送ると、スライディングでクリアを試みたマルセロの右手に触れた。エスパニョールの選手たちはPKを主張したが、主審はこれを認めずにCKの判定を下した。続く73分にはサルバ・セビージャが右サイドからのクロスに飛び込んだが、シュートは枠の左に外れてしまい。決定機を逃してしまう。

 するとレアル・マドリードが再びエスパニョールのゴールを破る。81分、ベイルが右サイドでボールを持つと、途中出場のルーカス・バスケスがエリア内右でパスを受ける。L・バスケスが横パスを送ると、またしてもエリア内で待っていたC・ロナウドが押し込み、大量6ゴールのリードを得た。C・ロナウドはこの日5点目という驚異的な得点力を見せつけている。

 このまま試合終了のホイッスルが吹かれ、レアル・マドリードが6-0でエスパニョールを下し、2試合連続5点差以上で連勝を飾った。

 次節、エスパニョールは敵地でレアル・ソシエダと、レアル・マドリードはホームでグラナダと対戦する。

【スコア】
エスパニョール 0-6 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 7分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
0-2 17分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル・マドリード)
0-3 20分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
0-4 28分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
0-5 62分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
0-6 81分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO