2015.09.02

リーガ、今夏の移籍市場投資額が歴代最高を記録…景気回復の兆しか

アトレティコ・マドリード
リーガで今夏最も多額の投資をしたA・マドリード [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラは経済危機から脱したようだ。スペイン紙『ABC』が伝えている。リーガ・エスパニョーラ1部のチームは合計すると今夏の補強に5億7000万ユーロ(約773億円)を費やしたが、これは同リーグがひと夏の移籍市場で費やした史上最高額になるという。

 これまでの最高額は2007年の夏で、総移籍金額は5億4000万ユーロ(約732億円)だった。スペインは2007年に世界金融危機の影響から不動産バブルがはじけ、経済危機に陥った。各クラブもその影響を受けていたが、どうやらサッカーの世界はその危機から脱しつつあるようだ。

 特にこの夏はレアル・マドリードとバルセロナの2大クラブがビッグなスターを補強しておらず、昨夏のようにMFハメス・ロドリゲス、FWルイス・スアレスの8000万ユーロ(約100億円)以上といった天文学的な移籍金が発生したわけではない。

 今夏の最高額はアトレティコ・マドリードが獲得したコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスで、3500万ユーロ(約47億5000万円)。また最も市場に投資したのもレアル・マドリードとバルセロナではなく、アトレティコ・マドリードだった。同クラブとバレンシアの積極補強の影響もあるが、2大クラブがスターを獲得しなくとも、リーグ全体の投資額は歴代最高額を記録しており、スペインのサッカー界は徐々に景気を取り戻しているのかもしれない。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング