FOLLOW US

バルサが開幕2連勝…メッシら決定力欠くもDFヴェルマーレンが決勝点

ヴェルマーレンの得点を喜ぶバルセロナ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第2節が29日に行われ、バルセロナとマラガが対戦した。

 バルセロナは前節のアスレティック・ビルバオ戦でなんとか勝利を収め、開幕戦を白星で飾った。今節はブラジル代表FWネイマールが復帰を果たし、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに3トップを形成した。一方、マラガはホームでの開幕戦をスコアレスドローで終えており、敵地で今シーズン初勝利を目指す。

 この試合で最初にチャンスを迎えたのはマラガ。19分、ハーフウェイライン付近でフアン・カルロスがパスをカットすると、GKクラウディオ・ブラーボのポジションを見て50メートル超えのロングシュートを放った。しかし、わずかに枠の上を越えて先制ゴールとはならなかった。

 一方、ホームのバルセロナも決定機を迎える。25分、左サイドから攻撃を組み立てると、メッシがエリア左横からクロスボールを供給。ニアに飛び込んだハビエル・マスチェラーノがヘディングシュートを放ったが、ここはクロスバーの右側を叩いてしまった。続く32分には、エリア右から中央に切れ込んだメッシがエリア手前左のネイマールへパスを送る。ネイマールがエリア内に進入して左足シュートを放ったが、ここはGKイドリス・カメニにキャッチされてしまった。このまま0-0で前半終了を迎えた。

 後半もバルセロナが攻勢に出る。52分、左サイドでパスを受けたネイマールがドリブルでエリア内に進入し、中央へ横パスを出す。これを受けたメッシが左足でダイレクトシュートを狙ったが、ここはGKカメニの好セーブに阻まれてしまった。

 バルセロナは攻め込みながらもなかなか得点を奪えずにいたが、ようやく待望のゴールが生まれる。73分、エリア左横でボールを持ったスアレスが、縦にドリブル突破を仕掛けて左足で低いクロスを送る。GKカメニが飛び出して弾いたが、クリアボールをゴール前で待っていたトーマス・ヴェルメーレンが左足ボレーシュート。これがゴール左に決まり、バルセロナが先制に成功した。ヴェルメーレンにとっては移籍後初ゴールとなった。

 その後もバルセロナが追加点を狙ったが、追加点は生まれず1-0でバルセロナがマラガを下して連勝を飾った。

 次節、バルセロナは敵地でアトレティコ・マドリードと、マラガはホームでMF乾貴士が所属するエイバルと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1-0 マラガ

【得点者】
1-0 73分 トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO