2015.08.25

メッシ、バルサでのPKを20%以上も失敗していた…C・ロナウドは?

メッシ C・ロナウド
メッシとC・ロナウド [写真]=Getty Images

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはリーガ・エスパニョーラ開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦でPKを失敗し、これが通算14度目のPK失敗となった。25日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙によると、直近5回の失敗は2008―09のレクレアティーボ・ウエルバ戦、2011―12のセビージャ戦、2013―14のベティス戦とレバンテ戦、そして今回のA・ビルバオ戦だという。

 また、バルサ通算では63本中14本を外しており、実に22パーセントを失敗していることになるという。リーガ史上最も多くのゴールを決めている稀代のゴールハンターであるメッシにしては意外な数値である。
 
 なお、スペイン紙『エル・パイス』によると、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリティアーノ・ロナウドのPK失敗は64本中7本で、約11パーセントだという。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る