FOLLOW US

昨季3位のアトレティコ、グリエスマンのFK弾で開幕戦白星スタート

得点を喜ぶグリエスマン(中央) [写真]=Getty Images

 2015-16シーズンのリーガ・エスパニョーラ開幕節が22日に行われ、アトレティコ・マドリードとラス・パルマスが対戦した。

 アトレティコ・マドリードは昨シーズンのリーグ戦を3位で終えた。今シーズンはリーグ王者を奪還すべく戦力補強に動き、ビッグクラブから狙われていた主力選手の流出も最小限にとどめた。バルセロナとレアル・マドリードの2強に割って入るためにも、まずは開幕戦を白星でスタートさせたい。一方、昇格組のラス・パルマスは2001-02シーズン以来14年ぶりに1部昇格を果たした。開幕戦でいきなり強豪クラブと対戦することとなったが、なんとか敵地で勝ち点を持ち帰りたいところだ。

 試合は開始からホームのアトレティコ・マドリードが攻めこむ。3分、エリア内左で浮き球のパスを受けたアントワーヌ・グリエスマンがジャンピングボレーでシュートを狙ったが、ボールは枠の右に外れてしまった。

 続く16分、アトレティコ・マドリードがエリア手前右の位置でFKを獲得すると、キッカーのグリエスマンが左足で直接狙った。壁の左を抜けたボールはGKラウール・リソアインの正面に飛んだが、弾ききれずにゴールネットを揺らした。アトレティコ・マドリードがホームで先制に成功する。

 先制を許したラス・パルマスも反撃に出る。25分、ロケ・メサが中盤からロングシュートを放ったが、わずかに枠の上に外れてしまった。その後はグリエスマンを中心にアトレティコ・マドリードがチャンスを作ったが、スコアは変わらず1-0で試合を折り返した。

 後半も主導権を握るのはアトレティコ・マドリード。55分、左サイドを駆け上がったフィリペのクロスに、走りこんだジャクソン・マルティネスが合わせにいったが、ここは相手DFにブロックされてしまう。逆に58分にはラス・パルマスのセットプレーからダビド・シモンが決定的なヘディングシュートを放ったが、GKヤン・オブラクがわずかに触ったことでクロスバーをかすめて枠の上に外れた。

 90分、アトレティコ・マドリードがエリア正面やや左の位置でFKを獲得すると、今度はコケが直接狙ったが、ここもわずかに左ポストの外側に外れ、追加点とはならない。結局このままスコアは動かず、1-0でアトレティコ・マドリードがラス・パルマスを下し、開幕戦を制した。

 次節、アトレティコ・マドリードは敵地でセビージャと、ラス・パルマスはホームでレバンテと対戦する。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0 ラス・パルマス

【得点者】
1-0 16分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA