FOLLOW US

バルサ、大逆転ならず6冠の夢破れる…ビルバオが31年ぶりのタイトル獲得

スーペルコパを制したアスレティック・ビルバオ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 スーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)のセカンドレグが17日に行われ、バルセロナとアスレティック・ビルバオが対戦した。

 ファーストレグは、4-0でアスレティック・ビルバオが完勝。バルセロナはホームで行われるセカンドレグで、5得点以上の大逆転勝利を狙う。

 試合開始6分、最初のチャンスはバルセロナ。ペナルティエリア内左に抜け出したペドロ・ロドリゲスの折り返しに、中央でジェラール・ピケが左足で合わせるが、シュートはクロスバーに弾き返される。ビルバオは37分、相手のパスミスを拾ったアリツ・アドゥリスが、DFを1人かわしてエリア内右に侵入。フリーで右足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられなかった。

 すると43分、エリア内右からのイヴァン・ラキティッチのクロスを、ルイス・スアレスが胸で落とす。そのボールを、ゴール前のリオネル・メッシが胸トラップから左足で押し込み、バルセロナが先制に成功した。しかし56分、アドゥリスのオフサイドを取らなかったとして、副審に暴言を吐いたピケが一発退場。バルセロナは大勝が必要な状況で数的不利に追い込まれる。

 バルセロナは58分、左サイドのジェレミー・マテューからの折り返しに、ファーサイドでフリーのラキティッチが右足で合わせるも、ゴール右に外れた。73分にはスアレスが、エリア内中央に侵入し左足シュートを放つが、これも枠を捉えられない。

 すると74分にアスレティック・ビルバオが同点に追いつく。味方のロングフィードからオスカル・デ・マルコスがマテューとの競り合いを制す。するとボールはエリア手前中央でフリーだったアドゥリスの下に。アドゥリスは、右足シュートをGKクラウディオ・ブラーボに一度セーブされるが、そのこぼれ球を押し込んでゴールネットを揺らした。

 アスレティック・ビルバオは86分に、キケ・ソラがハビエル・マスチェラーノに対するファールで一発退場となる。だが試合はこのままタイムアップを迎え、1-1のドロー。バルセロナは2試合合計1-5で、スーペル・コパ制覇を逃し、6冠達成の可能性がなくなった。一方、昨シーズンの3冠王者バルセロナを撃破したアスレティック・ビルバオは、31年ぶりにタイトルを獲得している。

【スコア】
バルセロナ 1-1 アスレティック・ビルバオ

【得点者】
1-0 分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-1 分 アリツ・アドゥリス(ビルバオ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA