2015.08.17

バルサ、奇跡の大逆転なるか…昨季は18試合で4得点以上を記録

メッシ
1stLegの敗戦に肩を落とすメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナは17日、スーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)のセカンドレグに臨む。14日にアスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスで行われたファーストレグを0-4で落とし大会制覇が厳しい状況となっているが、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』はあるデータを掲げて、バルセロナが逆転できる可能性があると伝えている。

 スーペル・コパの歴史をさかのぼると、これまでにファーストレグから逆転したチームはない。しかし、ルイス・エンリケ監督が記者会見で公言するように、バルセロナは本拠地カンプ・ノウで逆転できると考えている。

 同紙が掲載したデータによると昨シーズン、バルセロナは4点以上決めたゲームが18試合あるという。18試合の内10試合はカンプ・ノウで行われ、リーガ・エスパニョーラの7試合、コパ・デル・レイの3試合で4得点以上奪って勝利した。リーグ戦ではグラナダ、ヘタフェに6-0、コルドバ、エルチェ、レバンテに5-0、アルメニアに4-0、そしてラージョ・バジェカーノに6-1で勝利し、コパ・デル・レイではウエスカに8-1の勝利を収めている。このデータと経験が、逆転できるという動機のひとつの支えとなっているようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る