2015.08.09

アトレティコ、総額270億円の巨額オファー断る…狙われた4人とは?

ゴディン コケ グリエズマン オブラク
写真左からゴディン、コケ、グリエズマン、オブラク [写真]=Getty Images

 欧州主要リーグも徐々に新シーズンの開幕を迎えており、移籍市場も活況にある。

 スペイン紙『マルカ』によると、アトレティコ・マドリードに関連する移籍の噂は特に多かったという。今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリードには高額なオファーが絶えず届いており、オフィスは忙しかったとのこと。主力選手に対するオファーは総額2億ユーロ(約272億円4000万円)以上にもなったというが、それらすべてを固辞した模様だ。

 巨額なオファーで狙われたのは以下の4選手。

 まずは、スロヴェニア代表GKヤン・オブラクに対して3500万ユーロ(約47億6000万円)のオファーがあったようだ。スペイン代表GKダビド・デ・ヘアに退団の可能性があるマンチェスター・UはGKを探しており、リストのトップに来ていたのがオブラクだったという。3500万ユーロでオファーを持ちかけられたものの、アトレティコは拒否。その後、ユナイテッドはアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロを獲得することになったとのこと。

 次は、フランス代表FWアントワーヌ・グリエズマン。スカッド強化のためにパリ・サンジェルマンが6000万ユーロ(約81億7000万円)でオファーを持ちかけたものの、アトレティコの答えはNOだったとのこと。パリ・サンジェルマンはグリエズマンがレアル・ソシエダにいた頃から獲得に興味を持っていたとされてきたが、現在も狙っているようだ。ただ、同選手のバイアウト額は6500万ユーロ(約88億5000万円)に設定されている模様で、パリ・サンジェルマンにとって手が届かない金額ではないように思える。

 3人目はスペイン代表MFコケで、オファー額は6500万ユーロ(約88億5000万円)。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーやジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバイエルンなどのいくつかのクラブが、コケに興味を示しているそう。すでにバイアウト額である6000万ユーロ(約81億7000万円)を超えるオファーがあったというが、コケ自身がクラブへの忠誠を貫き続けているということだ。

 最後はウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン。マンチェスター・Cは、今夏の移籍市場でゴディンの獲得に攻勢を強めていたという。アトレティコ・マドリードに対して4000万ユーロ(約54億4000万円)という、バイアウト額を満たすオファーの準備は整っていたというが、選手の意志もありアトレティコがなんとか引き留めることに成功したようだ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る