FOLLOW US

レアル、今夏のプレシーズンツアー4試合の合計収入は25億円超えか

メルボルンに到着したC・ロナウド(左)とベニテス監督(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 2015-16シーズンに向けたプレシーズンツアーが間もなく本格的にスタートする。

 レアル・マドリードは今年もインターナショナル・チャンピオンズ・カップに出場予定であり、すでにオーストラリアのメルボルンに向け選手たちは出発している。

 今年からアメリカ以外でも行われることになったこの大会。

 レアル・マドリードはオーストラリアラウンドと中国ラウンドに参戦し、ローマとマンチェスター・C、ミランとインテルとそれぞれ対戦。試合は18日から30日にかけて計4試合が開催される。

 さて、そんなレアル・マドリードのプレシーズンツアーについてスペイン紙『アス』が収入額を伝えている。

 記事によれば、レアル・マドリードはオーストラリアで1200万ユーロ(約16億3000万円)、中国で700万ユーロ(約9億5000万円)の計1900万ユーロ(約25億8000万円)の収入を手にするのだそうだ。

 ちなみにこの額はスタジアム収入やマッチフィーなどであり、さらに広告費などがこれに加えられるという。

 マドリードからマレーシアのクアラルンプールを経由し、メルボルンへと向かったレアル・マドリード。そのフライト時間は25時間にもおよぶなど選手たちは長距離移動を強いられたのだが、4試合でこれだけの臨時収入を手にできるのであれば…やはりクラブとしては是が非でも参加したかったのだろう。

 ちなみに、オーストラリアは現在冬にあたり、気温は約7度。真夏のスペインと比べると、かなり過ごしやすい天候のようで試合も夜に開催されるということだ。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA