FOLLOW US

バレンシア、獲得ロドリゴ・カイオの契約を打ち切り…メディカルに問題か

今月サンパウロからバレンシアへ移籍したロドリゴ [写真]=Getty Images

 29日、リーガ・エスパニョーラのバレンシアは「U-23ブラジル代表MFロドリゴ・カイオとの契約を継続しないことを決定した」と発表した。

 ロドリゴ・カイオ・コケチ・フッソ、通称“ロドリゴ・カイオ”は1993年生まれの21歳。サンパウロの下部組織出身で、ボランチやセンターバック、右サイドバックなど様々な場所をこなすブラジル期待の若手選手である。

 オーナーのピーター・リムと旧知の仲であるジョルジュ・メンデス代理人の推薦もあり、6月12日にバレンシアに移籍することが公式発表され、違約金1250万ユーロ(およそ17億円)にボーナス最大400万ユーロ(およそ5億4000万円)とかなり高額になっていた。

 バレンシア側の発表では「様々なテストにおいての問題を考慮した上で」と詳細の公表はしていないものの、『El Mundo』などの報道によればメディカルチェックで危険性が認められたことが原因とのこと。

 ロドリゴ・カイオは15歳の時に右膝膝蓋を痛めており、昨年8月にも左膝の前十字靱帯を損傷したことから数カ月ピッチから離れることになるなど、怪我に苦しめられてきた経歴がある。

 そして、バレンシアで行われた2度のメディカルチェックではロドリゴ・カイオの膝の状態に問題があるという結果となり、クラブは彼との契約を断念することを決定したとのことだ。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA