2015.06.18

T・モッタがマドリードへ…数日中にアトレティコと移籍交渉開始

T・モッタ
パリSGでプレーするT・モッタ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFティアゴ・モッタが、アトレティコ・マドリードとの移籍交渉のためマドリードを訪れたという。18日、スペイン紙『アス』が報じている。

 17歳でバルセロナと契約を結んだT・モッタは2002-2003シーズンに同クラブの最優秀新人賞に輝く。しかし2004年9月に左ひざ十字じん帯断裂の大けがを負うと、復帰後はチームの構想から外れ、2007年にアトレティコ・マドリードに移籍した。

 アトレティコ・マドリードでも負傷に悩まされた同選手はその後、ジェノアやインテルを経て2012年からパリ・サンジェルマンでプレーしている。

 T・モッタは今シーズン公式戦38試合に出場したが、パリ・サンジェルマンを率いるローラン・ブラン監督はこの夏33歳となる同選手が新シーズンも重要な存在になるかどうかに疑問を持っているという。

 同紙によればアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督はT・モッタの経験と個性が中盤に安定をもたらすと考えているようで、数日以内に交渉を行うと伝えている。

 なお、同選手にはインテルとバレンシアも関心を示しているという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る