FOLLOW US

3冠を振り返るバルサ退団のシャビ「あれ以上のシナリオは思い描けない」

ビッグイヤーを掲げるシャビ [写真]=Getty Images

 カタール・スターズリーグのアル・サッドに加入した元スペイン代表MFシャビが、バルセロナでの栄光のキャリアとカタールでのセカンド・キャリアについて胸中を語った。FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイト『FIFA.com』が15日付で伝えている。

 バルセロナにプロとしては17年在籍し25のタイトルを獲得してきた35歳のシャビ。引退のタイミングについて聞かれると、「昨年、母や友人はもう一年(バルセロナに)留まって、私に何ができるかもう少し試してみるといいと言ってくれたんだ。私はこの1年間幸せだったし、3冠も達成できた。理想的な引退のタイミングだったと思うよ」と答えている。

 バルセロナの3冠達成に関しては、「あれ(チャンピオンズリーグ決勝)が私がバルセロナでプレーする最後の試合となると分かっていたから、3冠達成は興奮と幸福とノスタルジーが入り交じった瞬間だった。最高のかたちでバルセロナでの引退を迎えたかったし、あれ以上のシナリオは思い描けないだろう。(2009年と2015年の)どちらの3冠も途方もない達成だ。我々は3冠をもう一回成し遂げるのは難しいと思っていたけれど、傑出したチームと運命のおかげで達成することができたんだ」と振り返っている。

 さらに、シャビはカタールのサッカーの発展に寄与したいとの思いを口にした。「バルセロナでの経験をカタールに伝えたいんだ。我々のスタイルでプレーするチームがすでにいくつかここにある。アル・サッドはバルセロナやスペイン代表と似たスタイルを持っているし、ここでも私は自分のスタイルを貫けると思っている。アル・サッドのゲームを見たが、彼らはボールをよく保持するし、私がかつてプレーしていたスタイルに近い」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA