2015.05.29

ウェールズ監督がベイルを擁護「特定の選手からパスもらえてない」

ベイル
レアル・マドリードでプレーするベイル [写真]=Getty Images

 ウェールズ代表を率いるクリス・コールマン監督が、レアル・マドリード所属の同代表MFガレス・ベイルを擁護している。27日付のスペイン紙『アス』が伝えた。

 コールマン監督は、「ベイルは(チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ユヴェントス戦の)ファーストレグ以降に多くの批判を浴びているが、良いポジショニングをしていると思うし、特定の選手たちからパスをもらえていないことの方が問題だと感じている」と、問題点を挙げた。

 また、代表チームとクラブでの同選手のパフォーマンスを比較し、「我々のチームでプレーする時、ベイルのポジショニングはいいし、彼が良いプレーできるように我々は配慮している。レアル・マドリードで彼はハードワークしていないのではなく、ボールをもらえてないだけなんだ。それが(クリスティアーノ・)ロナウドだけのせいとは言えないけれど」と、語っている。

 さらにコールマン監督は、同選手のミスだけが度々メディアに取り上げられていることを指摘した。

「ベイルがミスしたときだけ皆の注目が集まって大事になる。彼がロナウドにパスする場面でミスをすると、ロナウドが大げさに反応する。私はC・ロナウドやイスコがミスを繰り返す試合を幾度も観たことがある。ハメス・ロドリゲスにも多額の移籍金が払われたはずだが、彼が批判されることは少ない。ガレスだけがいつも非難を浴びるんだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る