FOLLOW US

2冠目を狙うバルサ、回復が遅れるスアレスは国王杯決勝を欠場か

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWスアレス [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラを制覇し、クラブ史上2度目の3冠に向けてコパ・デル・レイとチャンピオンズリーグ(CL)の決勝を残すのみとなったバルセロナ。だが、2冠目を目指す現地30日のコパ・デル・レイ決勝で、“MSNトリオ”が組めない可能性が出てきたようだ。

 今シーズンのリーグ戦38試合で81ゴールと驚異的な破壊力を見せてきたバルセロナの看板スリートップだが、地元メディアの『ムンド・デポルティーボ』紙や『スポルト』紙によると、その一角を占めるウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、アスレティック・ビルバオとの決勝に出場できない恐れがあるとのことだ。

 12日に行われたCL準決勝セカンドレグのバイエルン戦で左足ハムストリングを痛めたスアレスは、大事を取ってリーグ戦の第37節アトレティコ・マドリード戦および最終節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦に欠場した。ところが、回復が当初の予想をはるかに遅れており、ビルバオ戦に間に合うかは微妙な状況だという。

 もし、スアレスが欠場となる場合、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシおよびブラジル代表FWネイマールとスリートップを組むのはスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスになるバルセロナ。とはいえ、ビルバオもMFイケル・ムニアインを故障で欠いていることや、両チームの実力差を考えると、“MSNトリオ”が結成できない方が勝負としては面白くなるとも言えそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO