FOLLOW US

来季のバルサユニ発表…116年のクラブ史で初めてのボーダー柄を採用

発表された15-16シーズンのバルサのユニフォーム (写真はクラブ公式HPのキャプチャ)

 バルセロナは24日、2015-16シーズンの1stユニフォームを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 同クラブは1998年からナイキ社とユニフォームのサプライヤー契約を結んでいる。これまでのユニフォームでは青とえんじのストライプ柄がデザインされたモデルがほとんどだったが、今回のモデルでは1899年に同クラブが設立されてから初めてボーダー柄が採用された。

 これまで、同クラブのバスケットボールチームや、ラグビーチームでは採用されたことがあるボーダー柄。しかし、サッカー部門では初めて採用されることになったが、この理由についてクラブは「本拠地カンプ・ノウでサポーターたちが振っているフラッグからインスパイアされた」と説明。

 また、ナイキ・フットボールのクリエイティブ・ディレクターのマーティン・ロッティ氏は「この新しいユニフォームは、クラブの誇りや情熱、素晴らしいスポーツ面での歴史の証である」とのコメントを残している。

 なお、同ユニフォームは26日からナイキ社やバルセロナの公式ショップで購入が可能になる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA