FOLLOW US

C・ロナウドが得点王に王手…メッシ、逆転でのタイトル奪還なるか

得点王争いを繰り広げるメッシ(左)とC・ロナウド(右)[写真]=Getty Images

 最終節を残してバルセロナの2年ぶり23度目のリーグ優勝が決まったリーガ・エスパニョーラ。個人タイトルに目を移すと、得点王争いではレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが王手をかけている。

 今シーズン、開幕から怒濤のゴールラッシュを見せたC・ロナウド。欠場した第2節のレアル・ソシエダ戦を除くと、第12節のエイバル戦までゴールネットを揺らし続け、20得点を記録した。2年連続のタイトル獲得を狙うC・ロナウドは、前節のエスパニョール戦でハットトリックを決め、一気にゴール数を45にまで伸ばしている。

 次点は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが41得点で追いかける。C・ロナウドとは対照的にスロースタートを切ったメッシだったが、今シーズンは5度のハットトリックを記録。第26節のラージョ・バジェカーノ戦では、わずか12分間でハットトリックを達成した。前節のアトレティコ・マドリード戦では、決勝弾を挙げて優勝を決定づけたメッシ。しかし、C・ロナウドにハットトリックを決められたため、その差は4ゴールに開いた。タイトル奪還には、最終節で残留争いをするデポルティーボを相手に大量得点が必至となるが、これまで数々の偉業を達成してきたメッシならば、この点差を逆転することも可能かもしれない。

 なお、3位はアトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンと、バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールの22得点で、得点王争いはC・ロナウドとメッシの一騎打ちに。リーグ最終戦で両選手のゴールショーを見ることができるのか。最後まで得点王争いからは目が離せない。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA