FOLLOW US

バルサが2年ぶり23回目のリーグ優勝…レアルとのデッドヒート制す

23度目の優勝を成し遂げたバルセロナ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第37節が17日に行われ、バルセロナは敵地でアトレティコ・マドリードと対戦し1-0で勝利した。この結果バルセロナは勝ち点を93に伸ばし、同89のレアル・マドリードとの勝ち点差4をキープしたため、最終節を残してバルセロナの2年ぶり23度目のリーグ優勝が決まった。

 今シーズンのバルセロナは、開幕から第8節までを7勝1分けの無失点とスタートダッシュに成功し、第9節でレアル・マドリードとの“クラシコ”に臨んだ。しかし、結果は3失点の敗戦となり、翌節でもセルタに完封負けを喫して首位の座を奪われた。

 2位のまま2015年に突入したバルセロナだったが、徐々に調子を取り戻してレアル・マドリードを追走すると、第26節で首位奪還に成功。直接対決となった第28節のレアル・マドリード戦でも2-1で勝利し、前半戦のリベンジを果たしてみせた。

 そして、5連勝で迎えたアトレティコ・マドリード戦でも、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決勝ゴールを決めて勝利し、レアル・マドリードとのデッドヒートを制した。

 なお、バルセロナは3冠の可能性もあり、30日に行われるコパ・デル・レイ決勝ではアスレティック・ビルバオと、6月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝ではユヴェントスと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO