FOLLOW US

バルサ幹部がペドロ残留を明言…コヴァチッチについては「好きな選手」

バルセロナに所属するペドロ [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が同クラブに所属するスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスについて、来シーズンもチームに残ることを明言した。15日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 今シーズンのバルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの3人で形成され“MSN”と呼ばれる3トップが中心となり、ペドロには限られた出場機会しか与えられていない。そのため、同選手は今シーズン終了後の移籍が取り沙汰されていた。

 ペドロに対してはインテルアーセナルが獲得に動いていると噂されていたが、ブライダ氏は「彼はバルセロナの選手として続けていくだろう。我々にとって非常に重要な選手だよ」と移籍を否定した。

 さらに同SDはバルセロナが日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチに関心を持っていることを明かした。

「現時点で明確なものはなく、私は何も言うことはできないが、コヴァチッチは我々が好きな選手であり、それは否定できないよ」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA