2015.05.11

今シーズン、最も「ポストに嫌われている」クラブは? 1位は断トツであのクラブ!

レアル
今シーズン、最もポストやバーを叩いたクラブは? [写真]=Getty Images

 欧州主要リーグもいよいよ大詰めを迎えており、優勝争いや残留争いなど熱を帯びた戦いが続いている。

 そんな中、スポーツデータ供給会社である『Opta』が、今シーズンの5大リーグにおいて、(シュートが)ポストやクロスバーを叩いた数字を表したデータを発表した。

■5大リーグで最もポストやバーを叩いたクラブトップ5
1位:30回 レアル・マドリード(総得点107)
2位:19回 バルセロナ(総得点107)
3位:19回 パレルモ(総得点46)
4位:18回 ビジャレアル(総得点45)
5位:17回 バイエルン(総得点77)

『Opta』の集計によると、断トツともいえる値を記録しているのが、レアル・マドリード。その数、実に30回を数える。

 レアルはリーガ・エスパニョーラ第36節のバレンシア戦で、前半だけで3本のシュートがポストとクロスバーに阻まれている。この試合を引き分けたレアルは勝ち点を86までしか伸ばせず、同節で勝利した首位バルセロナとの勝ち点差が4に広がった。

 レアルとバルサの総得点数は全く同数の107。ただ、ポストやバーに阻まれたケースには10以上も差がある。「あのシュートが決まっていたら優勝争いの状況も違っていたのでは……」と考えるのは早計だが、惜しくも得点にならなかった場面がこれだけあると、そう考えてしまうのも致し方ないだろう。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る