2015.05.11

途中出場のトーレスが起死回生の同点弾…アトレティコは敵地でドロー

 リーガ・エスパニョーラ第36節が10日に行なわれ、レバンテとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 勝ち点35で15位に沈むレバンテは、ホームで1ポイントでも積み上げて残留に近づきたい。一方、アトレティコ・マドリードは、4位のバレンシアが迫り来る中でしっかりと勝利を収め、チャンピオンズリーグ・ストレートイン圏内の3位を確保したいところだ。

 最初に決定機を迎えたのはアトレティコ・マドリード。4分、左サイドからのクロスボールをマリオ・マンジュキッチが頭で合わせたが、ここはGKディエゴ・マリーニョの正面だった。

 32分、ホームのレバンテが大きなチャンスを掴む。左サイドのホセ・ルイス・モラレスがクロスを上げると、ミランダがこれをクリアしきれない。ファーサイドに転がったボールをイバン・ロペスが中央へ折り返し、最後はダビド・バラルが押し込んで、レバンテが先制する。

 しかし直後の35分、アトレティコ・マドリードが左サイドから攻めこむと、ペナルティエリア内左でこぼれ球を拾ったティアゴ・メンデスが左足でクロスを送る。これをギリェルメ・シケイラがジャンピングボレーで蹴りこみ、アトレティコ・マドリードがすぐさま同点に追いついた。このまま1-1で前半を折り返す。

 堅守を誇るアトレティコ・マドリードの守備陣が再びミスを犯す。63分、右サイドのイバン・ロペスが中央へ切り込み低いクロスを送る。DFの人数は揃っていたが誰も触ることが出来ずゴール前へ転がる。これをカル・ウチェが決めて、レバンテが再び勝ち越しに成功した。

 苦しい状況となったアトレティコ・マドリードだが、得意のセットプレーを生かすことに成功する。80分、左CKを獲得すると、クロスに飛び込んだのは途中出場のフェルナンド・トーレス。ヘディングシュートがゴール左上に決まり、同点に追い付くことができた。

 84分、再びCKの流れからホセ・ヒメネスが決定的なシュートを放ったが、今度はマリーニョのセーブに遭ってしまい、得点には至らない。

 このまま試合は終了し、レバンテとアトレティコ・マドリードの対戦は2-2のドローとなっている。

 次節、アトレティコ・マドリードはホームでバルセロナと対戦する。

【スコア】
レバンテ 2-2 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 32分 ダビド・バラル(レバンテ)
1-1 35分 ギリェルメ・シケイラ(アトレティコ・マドリード)
2-1 63分 カル・ウチェ(レバンテ)
2-2 80分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る