2015.05.04

脱税疑惑のバルサ会長、次期選挙に出馬へ「悪いことはしていない」

バルトメウ
バルセロナの会長を務めるバルトメウ氏 [写真]=Getty Images

 バルセロナの会長を務めるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が、次期会長を決める選挙に出馬する考えを明かした。4日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 スペインのテレビ局『Esport3』の番組『ハットトリック・バルサ』に出演したバルトメウ会長は、「私はきっと出馬する」と会長選へ出馬の意思を口にするも、選挙が行われる時期については明言を避けた。

 バルセロナが2013年にブラジル代表FWネイマールを獲得した際、同氏は脱税を行ったとして、容疑をかけられている。バルトメウ会長は「“ネイマール事件”によって次の選挙で罰を受けることはない。我々は不正をしていない。悪いことは何もしていないとはっきり言える。だから選挙に出馬するんだ」と、無罪を主張している。

 なお、スペインのラジオ局『カタルーニャ・ラジオ』は、ファンが次期会長に誰を望んでいるのかアンケートを行い、3月に結果を発表。バルトメウ氏は27パーセントの票を集め2位になっており、最も就任を望まれたジョアン・ラポルタ氏とは、倍近くの差がついていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る