2015.05.04

エスパニョールのスポンサーが契約破棄か…裁判に発展する可能性も

エスパニョール
エスパニョールを応援するサポーター [写真]=Getty Images

 元日本代表FW西澤明訓氏と横浜F・マリノス所属の同MF中村俊輔がかつて所属していたエスパニョールが、スポンサーに契約を破棄されると明らかになった。3日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 2014年6月から中国系企業『Power8』と契約を結んでいるエスパニョール。この契約により現在は最低でも年間550万ユーロ(約7億円)の収入を得ているが、7年契約の3年目以降には違約金なしで契約を短縮できる条項が含まれていた。

 エスパニョールは、Power8がスポンサーを続ける意思を持っていないと発表しており、損害賠償を求めいている。しかし、期間を短縮できるという契約の内容を遵守する義務もある。

 この問題は友好的な解決には至っておらず、最終的には裁判に発展する可能性もあると、同紙は伝えている。

 また、同クラブの会長を務めるジョアン・コレット氏は、現在UAE(アラブ首長国連邦)を訪れ、新スポンサーを探しているという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る