FOLLOW US

フライングエルボーにボディアタック…ラージョGKが大暴れ

バレンシア戦で大暴れしたトーニョ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第34節が4月30日に行われ、ラージョ・バジェカーノとバレンシアが対戦した。この試合でラージョのGKトーニョが、バレンシアのFWロドリゴに2度のラフプレーを見舞ったにもかかわらず退場処分を受けなかったことが物議を醸している。

 問題の場面は1-1で迎えた後半32分、バレンシアがFWロドリゴへ向けてクロスボールを送り込むと、ラージョGKトーニョが飛び出してパンチングでクリア。この場面でトーニョは飛び出した勢いでロドリゴへフライングエルボーを見舞う。さらに倒れたロドリゴに押し掛かるようにボディアタック。2度のラフプレーを受けたロドリゴは立ち上がるトーニョの足を掛けると、主審はロドリゴに対してレッドカードを提示。一方、トーニョはお咎めなしだった。

 試合はこのままドローで終わったが、映像にはトーニョの2度にわたるラフプレーが映っており、何らかの処分が下されることは間違いないと見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO