2015.05.01

ハメス獲得、ディ・マリア放出は大成功? データを比較してみると…

ハメス,ディ・マリア
ハメスとディ・マリアの成績を比較してみると… [写真]=Getty Images

 29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節アルメリア戦で、先制点となる豪快なボレーシュートを決めたレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。そのボールの軌道は、昨夏に行われたブラジル・ワールドカップのウルグアイ戦で記録し、2014年の年間最優秀ゴール賞となるFIFAプスカシュ賞にも輝いたボレーシュートを思い起こさせた。

 そんなJ・ロドリゲスは、早くも“ディ・マリア超え”を達成したという。

 イギリスのスポーツデータ会社『オプタ』によれば、J・ロドリゲスはアルメリア戦終了時点でリーグ戦通算12ゴール、10アシストをマーク。計22得点への関与で、昨夏にレアルからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの昨シーズンの記録(4ゴール、17アシストで21得点に関与)を上回ったのだ。

 アルメリア戦は、J・ロドリゲスにとって今シーズンのリーグ戦出場25試合目。ディ・マリアの記録がトータル34試合出場してのものだったことを考えると、その優劣はさらに際立つ。

 またJ・ロドリゲスはペナルティエリア外から4ゴールを奪っており、ディ・マリアの2ゴールを上回っているだけでなく、今シーズンのリーガでトップの成績を残している。一方、1試合当たりのチャンス創出回数は、ディ・マリアの2.67回にわずかに届かない2.56回。それでも、レアル加入1年目であることを考えれば、十分に評価に値する数字と言える。

 もちろん、ディ・マリアには数字だけでは表せない貢献度の高さがあった。昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でクラブ通算10度目のビッグイヤーを獲得できたのも、ピッチ上を縦横無尽に駆けるディ・マリアの献身的なプレーがあったからこそ。その後、サラリーアップの要求がクラブ首脳陣に受け入れられず、J・ロドリゲスという“ニュー・スター”の加入を契機にマンチェスター・Uへと新天地を求めたが、当時、ファンの間でも彼の放出を疑問視する声が挙がったことは記憶に新しい。

 そのディ・マリアの“後継者”と期待されたのが、同じ左利きのJ・ロドリゲスだった。だが、レアル加入後しばらくは苦しんでいる印象の方が強かった。

 自身初のビッグクラブ移籍に加えて、背番号10を託されたことによる重圧。鮮烈な印象を残したワールドカップと同等の活躍を期待する地元メディアやファンの目。そして何より、前任者が残した偉大な功績と戦う必要があったからだ。それでも、23歳の若者は、周囲の予想を上回る早さでチームに適応してみせた。

 アルメリア戦前の記者会見でJ・ロドリゲスの今シーズンについて聞かれた際、カルロ・アンチェロッティ監督は次のようなコメントを残していた。

「皆、彼には少し驚かされたはずだ。チームにとてもよく馴染んでいるし、ここのプレースタイルにもすぐに慣れた。とても良いシーズンを送っているし、彼のチームへの貢献度やひたむきなプレーぶりには、とても満足している」

 その言葉を裏付けるかのように、コロンビア人アタッカーはサンティアゴ・ベルナベウに集まったファンを熱狂の渦へと巻きこんだ。その活躍ぶりには、現地メディアも称賛を惜しまない。

「まるでシルクハットの中から飛び出すウサギのように、J・ロドリゲスのゴールは新たなハリー・ポッターによる魔法のタッチから生まれたものであり、それは全ての試合のどのプレーにおいても、R・マドリードに唯一無二のものを提供している」

 そう書いたのは、全国紙『エル・ムンド』。そして、同じく全国紙の『アー・ベー・セー』もMVP級の活躍を見せた背番号10をこう評した。

「J・ロドリゲスはプラチナの左足から次々とゴールを奪うだけでなく、“9番”のようなヘディングシュートを見せることもあれば、まさに“10番”らしいプレーを披露することもあり、時には“4番”のようにピッチを駆け回ることもできる」

 昨夏、移籍金8000万ユーロという高額の移籍金でレアルの一員となったJ・ロドリゲスは、わずか1年足らずでその存在価値を証明した。それはすなわち、フロレンティーノ・ペレス会長の補強戦略がまたしても的中したことを意味している。

 事実、レアル界隈にディ・マリアを懐かしむ声はもはや無いに等しい。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る