FOLLOW US

補強禁止報道のレアル、移籍規定違反を否定「情報は誤ったもの」

レアル・マドリードは29日に声明を発表した。 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードは29日、未成年選手の移籍に関して規定違反があったとの報道に対して、その内容を否定する声明をクラブ公式サイトで発表した。

 スペイン・ラジオ局『カデナ・セル』は28日、18歳未満の移籍に関してルール違反があったため、レアル・マドリードアトレティコ・マドリードがFIFA(国際サッカー連盟)から2015年夏と2016年冬の2度における移籍市場で、活動禁止が言い渡される模様だと報じていた。

 レアル・マドリードはこの報道が誤ったものだと以下のように声明を発表している。

「(ルール違反と補強禁止に関する)情報は誤ったものです。スペインサッカー連盟も複数のメディアに対して、レアル・マドリードが18歳未満の選手との契約で不正行為があったとの主張に異議を唱えています」

レアル・マドリードは、FIFAの規定を綿密に守ってきたことを、改めて表明します」

レアル・マドリードは、事実ではない規定違反の疑いに巻き込もうとする報道、中には悪意のあるものもあり、とても残念に思います」

「さらに、メディアが補強禁止の仮説と最近の選手獲得を関連付けていることは驚くべきことです。選手の契約と登録は一切関係のないものです」

レアル・マドリードは、スポーツにおける興味に基づき、未成年選手を擁護、保護し、適切で堅実な発展に従事していくことを、今一度、繰り返し示します。その結果として、FIFAの規定に対してクラブの完全な支持と、それの順守を確かなものにします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO