2015.04.27

レアルがエルナンデスの2発含む4得点で勝利…5連勝でバルサを追走

J・ロドリゲス(右)とゴールを喜ぶエルナンデス(左) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第33節が26日に行われ、セルタとレアル・マドリードが対戦した。

 前日に首位を走るバルセロナが勝利したため、追走したい2位のレアル。だが、先制したのはセルタだった。開始9分、ペナルティーエリア脇の左サイドからドリブルを仕掛けたノリートが、ダニエル・カルバハルとアシエル・イジャラメンディの間を突破。エリア内左から右足を振り抜くと、ニアサイドを突いてゴールネットを揺らした。

 だがその5分後の16分、ハメス・ロドリゲスのスルーパスでクリスティアーノ・ロナウドがエリア内右に抜けだして折り返しを入れる。このボールはゴール前で相手DFにクリアされるが、こぼれ球にエリア内中央のトニ・クロースがダイレクトでシュートを放ちゴール右隅に決めた。レアル・が同点に追いつく。さらに24分、ハビエル・エルナンデスがJ・ロドリゲスとのパス交換から、エリア内右に抜け出してシュートを放つと、相手GKの股を抜いて、逆転ゴールを奪った。

 しかし28分、セルタの同点弾で試合は振り出しに戻る。味方のスルーパスでレアルの最終ラインを抜けだした、サンティ・ミナがエリア内でGKイケル・カシージャスとの1対1でシュートを放つも、右ポストに直撃。こぼれたところにミナが自ら押し込んで同点とした。このまま前半終了かと思われた43分、C・ロナウドからパスを受けたJ・ロドリゲスが、エリア手前中央で左足を振り抜くと、シュートは目の前のセルタDFに当たり、コースが変わってゴール右隅に吸い込まれた。レアルが勝ち越しに成功して前半を折り返す。

 後半に入って69分、セルヒオ・ラモスがハーフライン付近から前線へ浮き球のスルーパス。これに反応したエルナンデスが、ワントラップからエリア内中央へ抜け出し、右足でシュートを放つとゴール右隅に決まった。レアルがリードを2点に広げる。75分には敵陣中央からのFKで、距離はあるもののC・ロナウドが直接狙う。だがボールに勢いはなく、相手GKにキャッチされた。

 試合はこのまま終了。レアルがホームでセルタに4-2の勝利を収めた。レアルはリーグ戦5連勝でバルセロナを追走。次節は29日にホームでアルメリアと対戦する。

【スコア】
セルタ 2-4 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 9分 ノリート(セルタ)
1-1 16分 トニ・クロース(レアル)
1-2 24分 ハビエル・エルナンデス(レアル)
2-2 28分 サンティ・ミナ(セルタ)
2-3 43分 ハメス・ロドリゲス(レアル)
2-4 69分 ハビエル・エルナンデス(レアル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る