2015.04.20

4戦連発で絶好調のグリエスマン、ネイマール抜き得点ランク3位に

グリエスマン
14日のCLレアル戦1stレグに出場したアトレティコFWグリエスマン [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンは、18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節のデポルティーボ戦で2得点を獲得。リーグ戦4試合連続ゴール中で、今シーズン合計20ゴールに達した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 グリエスマンは、同試合でスペクタクルなゴールを立て続けに奪い勝利に貢献。チームメイトのスペイン人DFヘスス・ガメスが「アントワーヌの2得点は、正真正銘のゴラッソだった」とコメントするほどだった。

 昨夏からアトレティコ・マドリードでプレーするグリエスマンは、今シーズンこれまでに公式戦で23ゴールを獲得。リーガ・エスパニョーラでは第32節終了時点で20得点を記録し、チーム内得点王となっている。

 また同選手は、トップのレアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(39得点)、2位のバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35得点)には大きく引き離されているが、バルセロナのブラジル代表FWネイマール(18得点)を抜いてリーグ戦のゴールランキングで3位につけている。

 グリエスマンはリーガではここ4試合連続ゴール中で5得点を獲得。サイドアタッカーとしてではなく、センターフォワードとしても起用され、ディエゴ・シメオネ監督の期待に応えるようにゴールを重ねている。

 22日にアウェーで行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグで、レアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”に臨むアトレティコ・マドリード。グリエスマンがリーガでの好調を欧州の舞台でも持ち込むことをアトレティコ・サポーターは期待している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る